高血圧症の食事療法食 5社比較

高血圧症の治療には、
食事療法をして、
塩分のとりすぎ肥満を解消しなければなりません。
お酒を多く飲む人は減酒をしましょう。

高血圧症の食事療法

高血圧症の食事療法は、
減塩太らないことが大事です。
太っている人はダイエットをしてカロリー調整が
必要になってきます。

食事療法は、塩分の高い調味料を控えて
代わりの調味料を使ったりして、
調理方法を工夫することが必要です。

高血圧症の食事療法

塩分量やカロリー計算をするのは色々大変です。

そんな時に頼りになるのが、
栄養管理が行き届いた、
減塩カロリーコントロールされた食事のデリバリーです。

スーパーなどで買って調理するより
いくらか割高になってしまうかもしれませんが、
手間を省いて健康管理が出来るのがいいですね。

以下に、減塩食やダイエット食をデリバリーしてくれる
サービスを展開している5社をご紹介します。

中にはお得なお試しセットなどもありますので、
お気に入りの会社で食事療法をどうぞご検討ください。


スギサポdeli

・管理栄養士が考案した安心メニュー
・安全の食事作り
・調理、食事管理が簡単
・専門家による健康サポート体制
・冷凍便でのお届け

塩分カロリー調整食7食セット4,409円 (税抜)
1食あたり630円 (税抜)

送料は1回のご注文あたり(2セットまで)900円(税込)

詳しくはこちら⇒【スギサポdeli】─誰もがおいしく健康に─


つるかめキッチン

・管理栄養士監修
・全国宅配
・いつでも解約できる定期便
・各コース通常価格の28%オフ
・毎日変わるメニュー
・徹底管理の国内生産
・冷凍便でのお届け

塩分制限7食セット4,800円(税抜)
1食あたり686円(税抜)

送料無料

詳しくはこちら⇒管理栄養士監修!つるかめキッチン


NOSH(ナッシュ)

・糖質30g以下塩分2.7g以下高たんぱく質
・専属の料理人が調理
・冷凍でお客さまにお届け
・健康・安全で満足のいく食事
・スイーツもあります

塩分制限6食セット3,880円(税抜)
1食あたり647円(税抜)

初回のご注文については送料無料
2回目から送料関東の場合6食セット980円(税込)

※初回ご購入の方全員に、
持ち運びに便利な保冷バッグを
プレゼントしていましたが、5月6日(月)で
プレゼントキャンペーンを終了しました。

詳しくはこちら⇒NOSHはこちら


ウェルネスダイニング

・栄養バランスを考える必要なし
・制限食でもしっかりとした味付け
・好きな時に、マイペースで食べられる
・毎日飽きずに続けられる
・食生活のことまで相談できる(無料)

塩分制限7食セット4,500円(税抜)
1食あたり643円(税抜)

その都度送料700円(税抜)
定期お届け送料350円(税抜)

お試しセット送料無料

詳しくはこちら⇒食事制限でお悩みの方にオススメ|ウェルネスダイニング


美健倶楽部

・お客様の美容と健康のサポート
・管理栄養士が考案
・ヘルシーでおいしい冷凍のお食事セット
・ご家庭までお届け

塩分制限5食セット3,764円(税抜)
1食あたり753円(税抜)

送料1回650円(税込)

お試しセット送料無料

詳しくはこちら⇒★★★1食400kcalバランス栄養食!


食事療法食 5社比較

スギサポdeli つるかめキッチン NOSH ウェルネスダイニング 美健倶楽部
1セット何食でいくら?(税抜き) 1セット7食4,409円 1セット7食4,800円 1セット6食3,880円 1セット7食4,500円 1セット5食3,764円
1食あたり(税抜き) 630円 686円 647円 643円 753円
送料(税込み) 900円
(初回は送料無料)
送料無料 関東の場合6食セット980円
(初回は送料無料)
定期お届け378円
その都度756円
650円
お試しセット なし なし なし お試しセット送料無料 お試しセット送料無料
プレゼント

1食あたり(税抜き)で一番安いのは630円のスギサポdeliさん、
送料無料はつるかめキッチンさん、
プレゼントがもらえるのがNOSHさん、
送料無料のお試しセットがあるのが
ウェルネスダイニングさんと美健倶楽部さんです。

画像や名前をクリックすれば、
もっと詳しく見れますので、
詳しい内容を見て吟味してくださいね。

美味しくて健康的な食事療法ができる
塩分制限食やカロリー制限食の
デリバリーの会社のご紹介でした。

高血圧症の改善

塩分を控える

高血圧症を改善するためには
なんといっても第一に
塩分に着目しなければいけません。

ではなぜ塩分が血圧を高くしてしまうのでしょうか。

塩化ナトリウムを主成分にしている塩の摂取によって
体内の血液中のナトリウム濃度が高くなります。

血液中のナトリウム濃度が高くなると、
ナトリウム濃度を一定にするために
血圧や細胞外容量の調節に関わるホルモン系の
レニン‐アンギオテンシン‐アルドステロン系が活性して
ナトリウムを尿とともに排出します。

このときに分泌された昇圧物質が
高血圧の原因の1つになります。

また、ナトリウム濃度を薄めようとして、
喉の乾きが促されて水を飲みます。

水をたくさん飲むと血管内の血液の量が増えて
血圧が高くなります。

このため、食事で塩分を摂りすぎると
血圧が上昇してしまうのです。

欧米ではすでに
理想的な塩分摂取量ガイドラインを
「3.8g」としています。

日本高血圧学会のガイドラインは1日あたり「6g未満」なので、
まずは1日あたり「6g未満」に抑えましょう。

ところで塩には精製塩天然塩とがあります。
電気分解でナトリウムイオンを抽出して出来た
濃い塩水を煮詰めて塩の結晶を除いたものが精製塩です。

精製塩は99.5%以上ナトリウムを含有しています。

天然塩はカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの
ミネラルが塩化ナトリウムとともに含まれています。

ただし天然塩だからといって
過剰に摂取してしまうことは避けましょう。

肥満を解消

肥満の人は体重が正常な人と比べて
2~3倍多く高血圧症になってしまいます。

肥満の人はそうでない人に比べて
食べる食事の量が多いので
その分食塩を多く摂取してしまいます。

また、肥満の人の腹部にある内臓脂肪が増える
内臓脂肪型肥満になると
「アディポネクチン」といわれる
血圧を下げる物質が減少し高血圧症になります。

日本人では、
肥満を伴わない高血圧が半数以上を占めていると
言われていますので、
太っていないからといって
血圧が高くないとは言えないので注意が必要です。

減酒

アルコールを飲むことによって
体内の水分量が増えてしまうのと、
アルコールによって動脈硬化になってしまうことから
高血圧になってしまうと考えられています。

少量のアルコールは血圧を下げるようですが、
アルコールを飲みすぎると高血圧症の原因になってしまいます。

飲酒後数時間は血圧が下がるようですが、
アルコールは昼間の血圧をあげるので、
飲みすぎないようにしたほうがいいでしょう。