血圧計のおすすめ情報

血圧計のおすすめですが、
やはりなんといっても
安くて性能が良い製品
良いと思います。

血圧計のおすすめ

安くて性能が良い製品を探しましたら、
エー・アンド・デイの
血圧計にいきつきました。


エー・アンド・デイは、
計量・計測機器、医療機器などを製造する
日本の企業です。


2018年に7つのモデルの血圧計を新発売しています。

 

7つのモデルの血圧計の中で
わたしのおすすめは
上腕式血圧計「UA-651MR」です。


カフを巻いて開始ボタンを押すだけの
シンプルな血圧計です。

上腕式血圧計の4モデルの中では下位モデルになりますが、
測るだけなのでこのモデルで十分です。

 

 

血圧計の種類

血圧計には、上腕式血圧計手首式血圧計があります。


上腕式血圧計はさらに、
「カフ(腕帯)を巻きつけるタイプ」と
「全自動タイプ」があります。


「全自動タイプ」は腕を入れるだけでいいので楽ですが、
価格が高いです。


手首式血圧計は、お手軽で持ち運びに便利で
旅行などにも持っていけますが、
難点はデータの正確性がないことです。


正確性と価格の安さ
で選ぶなら
上腕式血圧計の「カフ(腕帯)を巻きつけるタイプ」
がいいと思います。

血圧計の保証期間

エー・アンド・デイ血圧計の7つのモデル
「プロフェッショナル品質」の家庭用血圧計の
保証期間は業界初の購入後10年間です。
(消耗品や業務使用の場合は除かれます)


保証期間を10年にしたのは、
精度・品質・耐久性いずれに関しても高い技術力があり、
製品に対する自信の現れだと思います。


一般的な血圧計の保証期間は1年間なので
10年間も保証してもらえるのは嬉しい限りです。


↓↓クリックで拡大します

私はエー・アンド・デイの上腕式血圧計「UA-651MR」を
現在4ヶ月間、毎日使っていますが特に気になることはないです。


30回分の測定値を自動的に記憶する
メモリ機能が付いています。
不整脈を検知するIHBマークも点灯します。


ACアダプタ
も別売りですが、
付けて使用することが出来ます。
私はACアダプタは使っていません。
乾電池だけで充分です。


お試し用の乾電池が付いていますが、
朝夜2回ずつの1日4回計測して
1ヶ月持ちませんでした。


乾電池を取り替えてからは、
3ヶ月経過しますがまだ取り替えなくて
大丈夫です。

血圧は毎日測りましょう

健康管理には自分の血圧がどれくらいあるのかを
知ることが必要です。

血圧は常に変動しています。
私は1度に2回測って
平均値を求めていますが、
2回の値が同じになったことは1度もありません。

ちなみに平均値は血圧計には表示されませんので、
パソコンの表計算ソフトに入力しています。

毎日測らないと自分の血圧が
高いのか低いのかわかりません。

1年に1回、健康診断で測るだけでは、
だいたいの目安にはなりますが、
普段の血圧の値はわかりません。

まして、「白衣高血圧」という
医師や看護師などに血圧を測ってもらうと、
家で測るときよりも高くなることがあります。

普段の血圧を知るためにも、
血圧計を買って毎日測り
自分の本当の血圧を知ることが大事です。

上腕式血圧計のレビューは?

上腕式血圧計の売れ筋ランキングの上位を見てみますと、
某メーカーの血圧計がランクインしています。


某メーカーは安定と信頼のメーカーということで
購入する人が多く肯定的レビューが多いです。


しかしその一方で、
批判的レビューもあり、
その中には「動作不良」、
数値が「高め」、逆に「低い」、


「窓口の対応が悪かったり」、
「お年寄りには使いにくかったり」
という感想がありました。


その上腕式血圧計の売れ筋ランキングの
ベストセラー1位の某メーカーの
価格は4,980円です。


エー・アンド・デイ「UA-651MR」は、
まだレビューはありませんが、
3,729円なので1,000円以上安いです。

最後に

私が血圧計を買うときに重視したのは価格と性能です。


安かろう悪かろうでは肝心な血圧管理ができませんが、
エー・アンド・デイの上腕式血圧計「UA-651MR」は、
まさしく、安くて性能が良いお買い得の製品です。