本態性高血圧症は原因が特定できない高血圧症です

あなたは、高血圧症でしょうか?

厚生労働省が3年毎に行なっている患者調査で、
平成26年に実施された調査によりますと、
調査日に高血圧疾患で入院していた患者数は6,400人
外来の患者数は入院患者の約100倍の671,400人でした。

また、調査日現在において、
継続的に医療を受けていた高血圧症の総患者数は1,010万人です。

さらに潜在的な高血圧症の患者数を含めると
4,000万人と言われています。

なんと日本国民の3人に1人が高血圧症なのです。
まさに国民病といえる病気です。

本態性高血圧症とは

高血圧症の中には、
原因がはっきりわかっている高血圧症と
原因がはっきりしない本態性高血圧症(ほんたいせいこうけつあつしょう)
という分類があります。

高血圧症のうち約85~90%が本態性高血圧症といわれています。
本態性高血圧症の原因が不明とはいえ、
塩分のとりすぎや肥満や運動不足などの
生活習慣病が主な原因であると考えられています。

高血圧症はサイレントキラーと呼ばれていいて、
自覚症状はほとんどありません。

会社で実施される健康診断や特定健診などで
血圧が高いことを指摘されることも珍しくありません。

自覚症状がないので
自分が高血圧症であることに気づかずに
治療しないで放置してしまいますと動脈硬化が起こり、
心臓病、腎臓病、脳血管障害などの引き金になってしまいます。

本態性高血圧症の治療

本態性高血圧症の治療には、
軽い場合には生活習慣病の改善が求められます。

まずは減塩、運動、アルコールの量を減らしたり、
睡眠時間を増やすことなどが有効です。

ストレスを受けないようにすることも大事です。

60歳未満の成人で軽症高血圧(上が140~159、下が90~99)なら、
生活習慣の見直しに半年かけて、
それでも140~90から下がらなければ降圧剤の服用が開始されます。

私事ですが去年の12月に特定健診を受けて、
病院で血圧を測ってもらったところ、
上が148、下が84ありました。

医師からは「降圧剤を飲みますか?」と聞かれましたが、
「減塩や運動で血圧が下がるか試してみて
下がらなければ先生のところでお世話になります。」
と言いました。

健診後に早速、血圧計を買って、
測るタイミングはインターネットで調べて、
は、起床後1時間以内で排尿後に
1~2分安静後に日常の座位で(朝食前、服薬前)、

は、就寝前に1~2分安静後に日常の座位で、
出来るだけ食後1時間以降、排尿後、
入浴前もしくは入浴1時間以降に測っています。

朝・夜とも 2回ずつ1日計4回測って、
それぞれの値と平均の値も表に付けています。

ちなみに、3月1ヶ月間の朝の平均は上が119、下が78、
夜の平均は高目ですが上が136、下が82でした。

朝と夜を平均すると上が127下が80でした。
なので今の所、降圧剤は飲まないでも
大丈夫な数値なのかなと思います。

食事

食事で心がけていることは先程も書きましたが、
減塩として、1日に摂取する食塩量を
きっちり何グラムと量っているわけではないですが、
なるべく食塩を減らしています。

薄味でも食べられるようになりましたし、
ラーメンやうどんなどのスープは塩分過多になってしまうので、
最後まで飲まないようにしています。

血圧を下げるとされるカリウム含有量が多いバナナと
血圧を下げるとされるDHAとEPAのサプリメントも毎朝、飲んでいます。

運動

運動は高血圧を解消するには有酸素運動の方が良いです。

血圧が高すぎる人には無酸素運動の筋トレは、
血圧上昇の危険が伴い脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めるのでおすすめできません。

ただ、マウンテンクライマーという筋トレは器具は必要なく、
有酸素運動にもなりますのでオススメです。

短時間で息が弾みますので、
せっかちな人や20~30分も有酸素運動をやってられないという人にも
いいかなと思います。

あと、「加藤式降圧体操」と「血管マッサージ」もやっています。

親も高血圧症でしたが、
降圧剤を飲み始めると
一生飲まなくてはならないのが嫌ということで、
降圧剤は飲んでいませんでした。

我慢して薬を飲んでいれば血圧は下がったのでしょうが、
血圧が高いままだったために温度差がある職場環境が災いして、
脳血管障害(脳卒中)になって倒れてしまいました。

身近にそういう事例がありましたので、
高血圧の恐怖はひしひしと感じています。

まとめ

本態性高血圧症の改善には、
塩分のとりすぎや肥満や運動不足などの
生活習慣病の改善を一番目に目指しますが、

血圧がものすごく高い人はすぐにでも
降圧剤を飲まなければ動脈硬化が進んでしまうので、
降圧剤を飲むか飲まないかは、
自己判断ではなく
医療機関で医師に判断してもらってくださいね。